辛い物をたべるとおしりが痛くなる訳

肛門外科

肛門外科

辛いものとおしりの関係

カプサイシンの影響

マイクリニック大久保名古屋院 辛い物を食べるとおしりが痛くなる訳  

辛いものを食べるとおしりがひりひりすることがありますが、これは唐辛子にふくまれるカプサイシンという成分の影響です。

カプサイシンのバニリル基が、全身に分布する感覚神経終末で細胞膜のバニロイド受容体TRPV1カプサイシン、酸、熱などの侵害刺激を受容するイオンチャネル型受容体)に結合して、神経細胞が脱分極し活動電位を発生することで、灼熱感(焼けつく痛み)を引き起こします。肛門側の直腸にはTRPV1が多いため、カプサイシンにより刺激されると強い灼熱感を感じます。

 

痔になる間接的な原因になりうる

ただ直接的に痔の原因になるかというと、はっきりしたエビデンスはないようです。カプサイシンが下痢を誘発することがあり、下痢は痔核痔瘻のリスクとなりえます。

おいしくても適量摂取をこころがけたいものです。

 

参考 https://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/capsaicin/syousai/#no3