切れ痔の悪循環を断ち切る手術

肛門外科

マイクリニック大久保名古屋院の切れ痔の悪循環を断ち切る手術

切れ痔の悪循環を断ち切る手術

 

肛門の筋肉について

肛門は内肛門括約筋(ないこうもんかつやくきん)と外括約筋(がいこうもんかつやくきん)という筋肉によってとりまかれています。このうち内肛門括約筋は不随意筋です。

不随意筋とは

不随意筋というのは、自律神経による支配で自分ではコントロールができません。

 

裂肛(れっこう)について

裂肛(れっこう)は肛門上皮(肛門を裏打ちする皮の部分)に亀裂を生じる病気ですが、裂肛(れっこう)(=切れ痔)の患者さんではこの内肛門括約筋の緊張が亢進していることが多く、排便時に肛門上皮の血流低下をおこし、さらに肛門上皮に亀裂を生じやすくなります。また重症な方だと肛門狭窄(肛門がせまくなること)を呈します。

狭窄がみられたり、難治性裂肛で内肛門括約筋が過緊張の時には、内肛門括約筋に切れ目をいれて肛門を広げる手術が適応となります。

 

 


マイクリニック大久保 名古屋の診療科目